新生民主商工会 » 確定申告・決算

大阪府|神戸市|明石市
新商は中小企業のみなさんの心強い味方です!

一般社団法人 新生民主商工会

神戸市長田区若松町2-1-27
新長田東口ビル201号

TEL 078-612-3377
FAX 078-612-3381

確定申告・決算

当会では法人・個人事業主様を問わず、お客様の経理事務代行業務を行っております。
もちろん、決算書の作成・確定申告も行っております。
詳細についてお話を聞いてみたい方は、事前に連絡の上、ぜひご相談ください。

確定申告・決算についての項目

確定申告の必要性

なぜ確定申告が必要なのか?

自分の事業を大きくしたい時や将来結婚して子供が産まれて自分達の家を買いたいと考えた時など、税金を申告していないと銀行等の金融機関は相手にしてくれません。車を買いたいとか大きな金額を借りたい時も同じです。
また、社会的信用も得る事ができません。
納税は国民の義務でもあります。

確定申告が必要な方

自営業者はサラリーマンと違い自分で税金を申告しなくてはいけません。
サラリーマンは所得税を給料から天引きされており確定申告の必要はありません。(必要な場合も有り)
年間売上が1千万円以上の業者は消費税の申告も必要となりますが、面倒くさいとか税金を払いたくないとかで無申告の若い経営者が多くいるのが現実です。

自営業者とは、大工・とび職等の職業も含まれており、工場などで働いていても給料から税金を天引きされていない人も確定申告の必要があります。

確定申告・自主記帳

記帳をすれば、経営が見えてきます 経営者の立場で相談に応じます
img-closing01

新生民主商工会では確定申告・自主記帳のアドバイス、お手伝いをいたします。
収支計算のやり方や確定申告書の記入方法を覚え、自主記帳をすれば、経営が見えてきます。

経理事務代行業務も行います

  • 小規模経営で確定申告や決算業務等でお悩みの方や高額で委託されている方
  • 営業に追われ、経理事務の余裕のない方
  • 経理担当者の人件費及びOA機器の設備投資の削減を考え中の方
  • 赤字経営が続き改善したいとお考えの方
売上・仕入・経費の管理・給与計算・記帳・決算書の作成・年末調整
社会保険・労働保険等

当、新生民主商工会では、経営相談に加え、格安で経理事務の代行を行っています。
もちろん、決算書の作成、確定申告も行っております。
詳細についてお話を聞いてみたい方は、事前に連絡の上、ぜひご相談においでください。

  • 所要時間30分

    初回の所用時間は30分程度でOK
    次年度からは更に短縮出来ます。
     

  • 消費税申告も

    消費税申告は別途時間を要しますが資料が揃っていれば10分ぐらいで完成いたします。

  • すべて個別対応

    新商ではすべて個別対応で担当者が親切・丁寧に説明をさせていただきます。

年金者受給者も確定申告が必要です。

年金受給者でも確定申告の必要があります。
確定申告をすることによって税金が還付される場合があります。
現在の申告制度は複雑で非常に難しいため、正しく申告できずに損をしている方も大勢いるのが現状です。
当会では、親切・丁寧に確定申告のサポートを致します。
ぜひ、ご入会下さい。

入会金…0円 / 年会費…12,000円 ご相談は無料です。

税務調査

税務調査とは、一般的に確定申告をしているが申告の中身について税務署が納税者に対して、おたずねに入る事です。例えば、年間で1千万円以上の売上がある場合は消費税の申告が必要ですが、それをしていない事業主に対して申告をしてもらうとか、所得税の申告額に誤りがあるのではないかとか、控除の取り方に間違いがある場合等で、税務署員が突然訪問してきたり、事業主に突然電話をかけてきたり、手紙等で面接を求めてきます。

一番怖いのが無申告の経営者です。

このような事態に遭遇したら経営者は頭を悩ます事になりますが、当会に入会しておけば安心です。
問題点を見つけ出し、すみやかにサポートをして経営者の立場に立った合法的な節税対策の提案をさせていただきます。

国税通則法が改正されました

国税通則法とは、税務行政の根本をなすものです。
これに基づき税務調査の方法などが定められています。

改正後の留意点

  • 白色申告者の記帳・提示・提出の義務化
  • 税務署調査期間は3年から5年に(悪質とみなされる場合7年)
  • 事前通告はなしでも調査が可能に
  • 消費税務申告者には調査期間7年、罰則有り
  • 税務調査が終了すると少なくとも3年間は税務調査がありませんでしたが、通年になりました。

金融・資金繰り

資金繰りに走り回っていませんか?

ほとんどの経営者様は資金繰りについて悩みを持っています。
資金繰りについて分かっていても、どのように対策を取っていったらいいのか。そんなお話を会員様から何度も聞いてきました。
資金繰りでお悩みをお持ちの方はぜひ、当会に一度ご相談ください。
専門家が経営者様の立場でご相談に応じます。

この様なお悩みをお持ちの方からご相談を頂いています
  • 資金繰りの為の融資が受けたい方
  • 初めての融資で申し込み方が分からない方
  • 条件変更をしたい方
  • 取引金融機関から、貸しはがしや貸し渋りにあっている方

1人で悩まずまずはご相談下さい。お問い合わせはこちら